先輩社員紹介

#1

先輩社員紹介

  • Q1Q1

    現在のお仕事について

    フロントでの接客と事務を担当しています。フロントを担当する日は、主にチェックイン・チェックアウトの際の接客を行います。13時に出勤し、その日に訪れるお客様がスムーズにチェックインできるよう予約内容を確認し、お迎えの準備をします。16時からチェックインが始まり、フロントカウンターでのお客様対応が業務の中心になります。事務を担当する日は8時に出勤し、経理、電話対応、予約処理を行います。経理業務は今年から担当しているのですが、先輩社員に教わりながら、効率的に作業しようと努めています。

  • Q2Q2

    特に印象に残った
    仕事のエピソードは?

    お客様の多くがビジネスでのご利用で、常連のお客様が7~8割を占めます。毎週のように宿泊してくださる方や、3カ月ほど長期連泊される方もいらっしゃいます。そうした常連のお客様のご要望を覚えておき、先回りしてお応えするようにしています。いつもお求めになる貸出品を準備し、こちらから「お部屋にご用意しておきましょうか」と伺えば、気が利いていると信頼につながります。先日も、お客様が確認される前に荷物がホテルに届いていることをお伝えし、「さすが、頼りになるね」と喜んでくださいました。

  • Q3Q3

    仕事のやりがいを
    感じるとき

    画像

    お客様から感謝の言葉をかけていただいたときに、この仕事をしていてよかったと感じます。常連の方が多いこともあり、この職場はお客様との距離が近いと感じています。気の利いたサービスをご提供できれば、直接お礼を言っていただけるので、それが大きなやりがいになっています。もちろん仕事中に辛いこともありますが、お客様とのコミュニケーションの中で、「ありがとう」と笑顔で感謝されたり、チェックアウトの際に「また来るね」と声をかけていただいたりすると、もっと頑張ろうという意欲がわいてきます。

  • 画像
  • Q4Q4

    仕事で
    心掛けていること

    自分だけではなく、ホテルのスタッフ全員で行き届いたサービスをご提供するために、周囲との連携を大切にしています。毎日多くのお客様が訪れますし、その場にいるスタッフだけではなく、出社時間が異なるメンバーとも情報を共有しておかなければなりません。引継ぎのために、その日に起こった出来事を記すノートも用意していますが、誤解が生じないように伝えようと、口頭での伝達も欠かさず行うようにしています。また、もれなくきちんと伝えられるように、伝言事項をリスト化するなどの工夫もしています。

  • Q5Q5

    内藤ハウスへの
    志望動機・入社の決め手

    と話すのが好きで、学生時代にも飲食店でホールのアルバイトをしており、接客の仕事がしたいと考えていました。就職活動中に参加した企業ガイダンスで、内藤ハウスグループがホテル事業を手掛けていると知り、会社説明会に参加したところ社風に親近感を抱き、エントリーしました。ずっと山梨で暮らしているので、大好きな地元のことを紹介しているサイト「やまなしコンシェル」も気になっていて、入社したら携われるかもしれないと考えていました。今は念願がかない、取材で山梨の観光名所を訪れたりしています。

  • Q6Q6

    当面の目標

    「彼女に任せておけば大丈夫」と、一緒に働いている人たちから信頼を得られるように成長したいです。「まだまだ知らないことがたくさんある」と自分に言い聞かせ、現状に満足してしまわないように気を付けています。周りの人たちから信頼される仕事ができるように、日頃心がけているのは、同僚の働きぶりを観察することです。例えば誰かが電話対応をしているとき、お客様の声はその人にしか聞こえませんが、返事の内容や相槌の打ち方、電話を切った後に行う作業を見ることで、対応の仕方を学ぶことができます。

  • Q7Q7

    仕事・プライベートでの
    将来の夢は?

    画像

    1つの目標に向かって、より良い解決法を導くために一丸となれる職場で、トラブルが起きたときも力を合わせて乗り越えられる団結力が強みです。以前、館内の給湯システムが故障したときも、スタッフ全員が手分けして臨機応変に対応し、休日だった社員も駆けつけてくれ、業者の方が修理を終えるまで乗り切ることができました。また若手の社員も意見を言いやすい環境で、話しやすい雰囲気の職場です。新年会、忘年会、歓迎会などで親睦を深めており、それぞれの誕生日にはケーキを買ってきてお祝いをしています。

  • 画像

学生の皆さんへ向けて
メッセージをお願いします!

画像
画像

学生の皆さんへ向けて
メッセージをお願いします!

就職活動は恋愛と同じだと、私は思っています。取り繕って入社したとしても、偽った自分では、長続きはしないはずです。自分がもっている長所を認めてもらえて、そして自分がその会社の魅力を感じられる。そんな職場で働いてこそ、人は力を発揮できるのだと思います。そして自らの手で、より良い職場にしたいと思えることも重要です。私は、どのお客様も満足していただけるようにばらつきの無い接客をし、業務がより効率的に行えるようにアイデアを出していきたいと思っています。みなさん、ぜひ私と一緒により良いホテルをつくりましょう!

わたしのオフの過ごし方

笑って健康に
過ごすがモットー

笑って健康に過ごすがモットー

たくさん笑って、健康に過ごし、充実した毎日を送り続けることを、私はモットーにしています。プライベートでも一緒に飲みに行くほど、会社の人たちとは仲良くしていますが、学生時代、夢中になって練習に励んだバスケットボール部の仲間と過ごす時間も、とても大切。休日には体育館を借りて、集まったメンバーでバスケットボールを楽しみ、汗を流した後はみんなで食事をして盛り上がっています。

画像