内藤ハウス
会社情報 NAITO VIEWS 採用情報 エントリー セミナー説明会 中途採用
NAITO VEWS マーケティング
プロセス
フューチャー
MARKETING

 

NICEPARKとは Naito house(内藤ハウス)、Idea(アイデア)・Intelligence(知恵)、Create(創造する)・Challenge(チャレンジ)・Confidence(信頼)、Effort(努力)・Energy(活気)PARKの頭文字をイメージしたもの

国内1000万台を超える規模の立体駐車場事業
内藤ハウスの主力製品のひとつに自走式立体システム駐車場があります。これは自走するクルマ自体が立体式になっている駐車場にクルマを停車させる方式の駐車場を指しています。現在では、土地の有効活用や効率活用といったニーズを背景に、大型マンションや病院付帯駐車場、商業施設などへ、積極的に導入されて、現在の駐車場マーケットで最も注目されているシステムのひとつといえます。大きな特徴はシステム建築工法による施工性、コスト低減による効率性などがあげられます。
内藤ハウスが提供するNICE PARKは当社がシステム建築工法において培った実績やノウハウを自走式駐車場建築へと応用することで誕生した独自の商品です。参入時期も早期からであり、業界内での一翼を担うポジションを獲得しています。現在では多くの実績を保有し、また各種建築確認申請や建築規制対応など、様々なノウハウを蓄積。お客さまから厚い信頼を獲得しています。
現在駐車場のマーケットバリューは国内で約1000万台と予測されています(パーク24調べ)。これに対して実供給数は約500万台。まだまだ上昇する可能性を秘めたマーケットであると言えます。
平成18年に施行された道路交通法改正による駐車違反の取り締まり強化もマーケット拡大の要因となっているのです。
ナースパークシステム
PAGE TOP

 
9兆円以上の市場の一角を担う軽量システム建築
軽量システム建築工法とは、工場で柱・梁・屋根トラス・床・壁などの構造体を生産し、それを建築現場で組み立てるシステムによって建築される商品です。主な特徴としては、次のような点を上げることができます。
■コンピューター、ロボットなど最新技術を導入した工場で、徹底した品質管理のもとに主要部材が生産されるため、品質のばらつきがなく、高品質、高精度を有しています。
■部材は標準化、規格化されているので、伝統的な木造軸組み工法のように、職人の技能に左右されることがなく高品質の施工が実現できます。
■工場生産の比重が高いため現場作業が軽減され、工期の大幅な短縮が実現されています。工場生産方式で原価管理が明確化するため、価格は常に適切に設定され、完成後に思わぬ負担を強いられることがありません。
■資材購入から生産設備、現場施工などで合理化努力が絶え間なく続けられ、常にトータルコストの引き下げが図られています。
現在では事務所や店舗、工場、倉庫などの事業用建築、さらには学校用仮設校舎など多用な用途で活用されています。その市場規模は国土交通省の統計によると、事務所市場で約1兆4300億円、工場市場で約1兆5600億円、店舗市場で約1兆2800億円など、マーケット全体で9兆円を超える巨大な規模となっています。
今度は、こうした事業用システム建築のマーケットはさらなる技術革新と環境対策、スピード化により、高い成長が予測されています。
PAGE TOP

個人情報について